[ 現在位置 ] 派遣社員マニュアルよくある質問 > ランチや終業後のお付き合いは?

ランチや終業後のお付き合いは?

派遣社員イントロ 気が合う仕事仲間と一緒にランチをとるのが楽しい場合もあれば、合わない話題に付き合うのが苦痛な場合もあります。飲み会や仕事の後の一杯、打ち上げや歓送迎会、忘年会・新年会など、派遣社員でも終業時間外のお誘いも少なからずあるでしょう。

 昼休みは、役所や銀行など平日の昼しかできないような用事を済ませたり、1人で静かにゆっくり食事やお茶をしたり、本を読んだりしたい。

 終業後や休日は、習い事や趣味、友達との時間に使いたい、家にいるのが好きなので早く帰りたい、買い物や旅行に行きたいなど、自分の時間を有効に使いたい人も多いですよね。時間給で働く派遣社員だからこそ特に感じることかもしれません。

 お誘いを受けるのも断るのもあなたの自由です。一切社外でのお付き合いには参加しないというのも個人の選択です。しかし職場の人たちとの交流もまったく無駄というわけではありません。そこで普段あまり接しない人ともコミュニケーションがとれたり、また社内の分からないことや取引先や上司の癖などを教えてもらえることもあるでしょう。

 そういったことも含め、人間関係のわずらわしさが嫌で派遣を選んだ人も少なくないと思います。 期限があって働く派遣社員の方が、正社員よりは断りやすいとは言えるかもしれません。とはいえ対人間なので断りづらい相手やタイミングもあるでしょうし、断るのが苦手な人もいるでしょう。でも嫌だと思ったら無理に一緒にいる必要ありません。

  また、会社によっては月に何度もお付き合いがあって大変なところもあるようです。毎回参加していたら体も精神的にもお財布にもきついですよね。ましてや目的があってお金を貯めるために派遣を選んだという人は特に無駄な出費は避けたいというのが本音だと思います。かといってバサッと切り捨てるような言い方はせず、「習い事があるので・・・」とか「用事があるので・・・」とか、「今日は他の会社の友達と約束しているので・・・」など角の立たない断り方をすれば問題ありません。

 変に無理して付き合っていると、社員同士の人間関係などに巻き込まれたり、何より自分にストレスが溜まり損です。それで意地悪をされるような職場なら、次の更新はしなければ良いのです。そんな幼稚な職場はこちらからお断りしましょう。

某商社で働いていたときの派遣仲間から聞いた話です。

  彼女が以前働いていた別の某商社のとある部署では、20-30人いるグループ内の女子社員や派遣社員誰かしらのお誕生日会があり誰かがお金を集めケーキを買ってきてお祝いしたり、ごく短期契約の派遣社員まで歓送迎会をするので毎月何回も飲み会などの出費があったそうです(それだけの人数がいれば当然そうなります)。

  それが仲良しこよしなわけでもなく、派遣社員はみんな困惑しながらも正社員のお姉さんたちの間で昔から続く慣わしで断れずにいたとか。彼女自身もお金を貯めたくて派遣を始めたのに、まったく貯まらないどころか出費がかさんでお金が無くなる一方だったそうです(苦笑)。派遣先が変わりさっぱりした程度の付き合いで心地良いといっていました。

  その商社は私もそれを聞く前に面談までしたことがあったのですが、かなり古い体質が残っていてその雰囲気で断った経験がありました。同じ商社でもところ変わればずいぶん変わります。彼女の話を聞いて、そこに行かなくて良かったとホッとしました。

  でも同じ会社内でも部署によってもずいぶん変わったりもしますけどね。

 2017年03月28日現在の派遣の仕事と求人情報

アデコ 当サイト申込数1位
「今後もこの派遣元から働きたい」で第1位。紹介予定派遣の案件も。

リクルートスタッフィング
圧倒的な知名度と実績、大手の求人、福利厚生、サポートも充実