[ 現在位置 ] 派遣社員マニュアル派遣社員の待遇 > タイムシートと給料の支払日について

派遣社員のタイムシートと給料の支払日について

派遣社員イントロ みなさんご存知だとは思いますが、多くの派遣社員は時間給でお給料が支給されます。派遣社員は、派遣会社から渡されるタイムシートに必要事項を記入して、派遣先に毎日もしくは決められた日に確認の印をもらい、決められた締め日に派遣会社へFAXや郵送、社内メールなどで提出します。

  タイムシートは会社指定のフォームになりますが、一般的に記入する項目は以下のようなものになります。

  • 毎日の就業時間を何時から何時まで
  • 実働労働時間数
  • 昼休み等の休憩時間数
  • 残業時間数
  • 有給休暇など

 時間の区切り方も派遣会社によってことなります。

派遣社員の時給の計算方法

  派遣社員の時給の計算方法は、1分刻み、5分刻み、15分刻み、30分刻みと派遣会社によって様々です。

  たとえば19:25まで働いたとしても、15分刻みの場合15分未満は切り捨てられ、19:15までの計算となり、10分間は無償となってしまいます。最近では少なくなってはきているようですが、30分刻みの場合は19:00までの計算となってしまい、25分がタダ働きのようになってしまいます。

 あと5分というところで25分働いた分がナシなんていうともったいないですよね。それぞれ派遣会社の時間計算の基準をきちんと確認しておいた方が良いでしょう。5分ぐらいならまだ許せますが、キリの良いところで仕事が終わったのにあと15分、20分と無理に仕事を作って居座るというのも気分はよくありません。派遣先にとっても嫌がられることでしょう。

  ちなみに労働基準法では、実際に働いた賃金は1分たりとも残さずきちんと全額支払われなければならないことになっていますが、時給計算の便宜上このように区切られているのが現状です。

派遣社員の給料日

 また派遣社員へのお給料日も派遣会社によってさまざまで、お給料日が月1回の場合と月に2回といった場合があります。

  月に1回の場合は、正社員でもよくある一般的なものですが、月に2回の場合は、たとえば毎月15日に第1回目の締め日があり月末に支払いがあり、月末に第2回目の締め日があり翌月15日に支払いなどとなっています。締め日と支払日は会社の規定によって5日や10日などの場合もあります。

  締め日からお給料の支払日まで期間があいている場合は、最初のお給料が少し先になることになりますので注意しましょう。

 2017年05月26日現在の派遣の仕事と求人情報

アデコ 当サイト申込数1位
「今後もこの派遣元から働きたい」で第1位。紹介予定派遣の案件も。

リクルートスタッフィング
圧倒的な知名度と実績、大手の求人、福利厚生、サポートも充実