[ 現在位置 ] 派遣社員マニュアル履歴書、職務履歴書の書き方 > 履歴書

派遣社員の履歴書

派遣社員イントロ 派遣社員の履歴書や職務経歴書は、あなた自身を宣伝する広告のようなものになります。

 どんな知識や経験があり、仕事に対する意欲や責任感、信頼できる人柄か‥など、色々な角度から読み取られます。それらを簡潔に説明しぜひこの仕事がしたい!という気持ちを伝えます。

 派遣社員の登録の都度必要になるので多少面倒に感じることもあるでしょうが、読み手の立場に立って見やすく丁寧に作成するよう心がけましょう。

履歴書の種類

 履歴書は〔新卒者用〕〔転職者用〕〔アルバイト・パート用〕と3種類あります。

 〔新卒者用〕には社会経験がなく職歴が書けない代わりに「得意な学科」欄があり、〔転職者用〕には「職歴」や「志望動機」欄が広めに設けられ、〔アルバイト・パート用〕は「趣味・特技」が広く作られています。既婚者であれば「家族欄」があるものを。用途にあった履歴書を選びましょう。

用紙

 市販のものとインターネットでダウンロードして使うものがあります。今は法令様式とまで指定する会社もあまりありませんが、指定様式がある場合はそれに従います。

 字が上手い下手に関わらず、丁寧に書かれていることが大切。乱暴に書かれたものはプロが見れば一目瞭然、仕事も雑だろうという印象を与えます。これだけで派遣社員のお仕事の紹介率も変わるかも?

【日付】

  • 日付は記入した日ではなく、提出する日付を記入する。郵送の場合は、郵送する日。

【氏名】

  • 名刺代わりのようなもの。かすれた文字は印象も薄れます。丁寧にしっかりと書きましょう。
  • 「ふりがな」→ひらがな、「フリガナ」→カタカナで記入。

【捺印】

  • 捺印を忘れずに。
  • シャチハタは避け朱肉を使った印鑑で、印鑑シートなどを敷きしっかり押す。曲がったりずれたりしないよう注意。

【写真】

  • 証明写真はカラーで。
  • なるべく機械のスピード写真でなく写真館で撮ること。
  • きちんとした服装・髪型で。派手な化粧は×ですが、すっぴんだと顔色が悪く見えるので薄化粧すると明るく見え好印象を与えます。
  • 剥がれ落ちたときに分からなくならないよう写真の裏に氏名を書いて貼付

【住所】

  • 住所は略さず同じ都道府県でもきちんと書くこと。
  • 1丁目2番地3号などを簡略化した1-2-3は使わない。
  • アパート・マンションの建物名や部屋番号もきちんと記入。
  • ふりがなも全て記入。

【学歴】

  • 欄の1行目中央に学歴と記入。
  • 小・中学校は卒業年度のみ、高校から入学・卒業年度を併記する。
  • 学校名は省略せず、私立・市立・県立・都立等をつけ、高校は高等学校と正式名称で記入。例:○○県立○○高等学校卒業。
  • 職歴に多くスペースが必要な方は、小・中学校を書かず高校からの記入でも可。

【職歴】

  • 最終学歴の下に一行あけ、次の行の中央に職歴と記入。
  • 派遣での職歴は、「○○○株式会社○○部○○課へ派遣社員として就業(派遣会社名:△△株式会社)」、「契約満了につき退職」と記入。
  • 応募職種に関係するアルバイトやパートも記入。

【免許・資格】

  • 取得した免許や資格はもれなく記入。従来の一般常識では、履歴書に書ける検定等は2級以上からと言われていましたが、今では書けるものは全て書いてアピールする傾向になっています。
  • 実際にまだ取得していなくても、勉強中や1次のみ合格、2次試験待機中などと記入する。
  • 英会話スクールや資格講座等に通っていれば「その他特記すべき事項」などに記入する。

【自己PRや志望の動機】

  • その仕事に対する意欲やアピールポイント、なぜこの仕事をしたいと思ったかなど、ありきたりなサンプル文言をそのまま引用するのではなく、具体的に自分の言葉で書きましょう。

 2017年03月28日現在の派遣の仕事と求人情報

アデコ 当サイト申込数1位
「今後もこの派遣元から働きたい」で第1位。紹介予定派遣の案件も。

リクルートスタッフィング
圧倒的な知名度と実績、大手の求人、福利厚生、サポートも充実