[ 現在位置 ] 派遣社員マニュアル派遣社員の税金 > 所得税と住民税の計算方法

所得税と住民税の計算方法

派遣社員イントロ所得税や住民税を自分で計算してみたことはありますか?実際にどれだけ納税しているのか計算してみましょう。

 まず、所得税も住民税も収入金額すべてに課税されるのではありません。収入金額から必要な経費、会社から給与をもらう人は給与所得控除額を引いた金額が所得金額となります。

 その所得金額から基礎控除や配偶者控除などの所得控除(※)を差し引いた金額が課税所得金額になり、この額に対して課税されます。

  • 給与等の収入金額-給与所得控除額(a)/必要経費=所得金額(=源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」
  • 所得金額(b)-所得控除額(※)=課税所得金額

 ※所得控除(基礎控除、扶養控除、社会保険料控除など)

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)

給与所得控除額(a)

65万円以下

65万円

180万円以下

収入金額 × 40%

180万円超  360万円以下

収入金額 × 30% +18万円

360万円超  660万円以下

収入金額 × 20% +54万円

660万円超 1000万円以下

収入金額 × 10% + 120万円

1000万円超

収入金額 ×5% + 170万円

 

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)

給与所得の金額(b)

660万円未満

「所得税法別表第五」により
給与所得の金額を求める。
※国税庁HPの『サラリーマンの必要経費の概算計算(給与所得控除)』のページ最下部に給与所得(目安)金額が算出できる機能があります。

660万円以上 1000万円未満

収入金額 × 90% - 120万円

1000万円以上

収入金額 × 95% - 170万円

計算例:給与収入が400万円の場合
(4000000÷4(千円未満の端数切捨て))×4×80%-540000=2660000円)

【所得税】所得税額=課税所得金額×税率-控除

課税所得金額
(千円未満切捨て)

税率

控除額

195万円以下

5%

0円

195万円超~330万円以下

10%

97,500円

330万円超~695万円以下

20%

427,500円

695万円超~900万円以下

23%

636,000円

900万円超~1,800万円以下

33%

1536,000円

1,800万円超

40%

2796,000円

例〔課税所得が300万円の場合〕

300万円×10%=30万円
30万円-9万7,500円=20万2,500円

【住民税】住民税額=課税所得金額×10%

平成19年6月より課税所得金額にかかわらず一律、都道府県民税4%+市区町村民税6%=合計10%が住民税率となりました。

例〔課税所得が300万円の場合〕

300万円×10%=30万円

 2017年12月17日現在の派遣の仕事と求人情報

アデコ 当サイト申込数1位
「今後もこの派遣元から働きたい」で第1位。紹介予定派遣の案件も。

リクルートスタッフィング
圧倒的な知名度と実績、大手の求人、福利厚生、サポートも充実